現在地: HOME » ニュース » 業界ニュース » エプロンの歴史

エプロンの歴史

数ブラウズ:261     著者:Jasmine     公開された: 2023-07-14      起源:パワード お問い合わせ

エプロンの歴史

最初から、粗末なエプロンは客好きの象徴だった。アップルパイを焼いていた祖母が着ていたものであれ、作業着として使っていたものであれ、この服は長年多くの用途があった。でも、エプロンの歴史を知っていますか。

何世紀もの間、エプロンとその役割を重視してきました。昔から今まで、この服装は一連の実用、装飾、儀式の原因に使われてきた。エプロンの歴史とその盛衰と復興の物語を以下に記す。

エプロンは何ですか

エプロンは通常腰にかけられ、着用者の服を守るための服ですApronは中世フランス語の単語「naperon」に由来し、小さなテーブルクロスを意味する。この言葉はしばしば「エプロン」と読み間違えられていたため、17世紀にはこの服は最終的に「エプロン」と呼ばれていた。

長年、エプロンは制服や取引、儀式の一部、あるいはファッション宣言として使われてきた。それらは多くの用途があるため、綿、亜麻、皮革、ゴムなど、多くの異なる織物で作られています。エプロンの機能にかかわらず、エプロンは多くの時代や多くの文化で使われています。

エプロンは久しく新しくなった

歴史を見渡すと、エプロンは多くの実用的、装飾的、儀式的な目的で使用されてきた。古代では、エジプトのファラオ、アッシリアの祭司、クレタ島の出産の女神が装飾されたエプロンを着て、彼らの地位を象徴していた。中世ヨーロッパ全体では、主婦、商人、職人が実用的な理由でエプロンを着用していた。アメリカでは伝統的な儀式の一部としてネイティブアメリカンがエプロンを着用し、アメリカ植民者はエプロンを着用して彼らの服を保護している。

いつの時代も、特定の業界を表すために使用される色のエプロンがあります。例えば、司教は紫のエプロンを着て、石工は白のエプロンを着て、皮職人は黒のエプロンを着て、屠殺夫は青のストライプのエプロンを着て、理髪師は格子のエプロンを着ています。これらのエプロンモチーフの多くは今でも使用されています。

20世紀半ばの駐機場の台頭

長い間主婦の必須アイテムだったエプロンだが、1940年代にはアメリカの家庭の女神の象徴となった。第二次世界大戦後、簡単な家庭生活はこの歴史的な時期を形作った。その結果、エプロンは暖かい家庭の理想の象徴となった。

その間、米国の主婦たちはエプロンをかけて、家族への献身を示していた。焼き餅を乾かしたり、オーブンから熱い鍋を取り出したり、庭から料理を運んだり、家具のほこりを払ったり、子供たちに食事に入ってくるように指示したりするためにも、この粗末なエプロンにはいろいろな用途があります。

20世紀末のエプロンの衰退

1960年代には家事労働の理想がもてなくなり、エプロンもそうだった。主婦を嫌う女性が増えるにつれ、家の外から満足を求める女性が増えている。その結果、エプロンは突然祖母だけが着る昔ながらの服装になった。

エプロンは女性には人気がありませんが、職場の主な用品です。エプロンは主に機能的な理由で着用されています。シェフ、ブッチャー、理髪師、ウェイトレスなどの業界はその間もエプロンを使い続けている。

駐機場の復興

近年、文化の影響でエプロンが復興している。キッチンやクラフトスポーツ、料理がますます人気になっていることや、レトロファッションへの再興味がエプロンを再流行させている。現在、現代のポケットや腰のエプロン、おばあちゃんのレトロなエプロンスタイルをデザインし、販売するアパレルメーカー、市場、オンライン工芸サイトが増えている。この復興はエプロンが今また流行していることを意味している

本日の駐機場

客好きの永遠の象徴として、粗末なエプロンは永遠に歴史上重要な地位を占め、今日も続いている。実用的、装飾的、儀式的な目的のためにも、エプロンは長年貴重な役割を果たしてきた。ここ数年来、この服は何度も変革を経て、落ちがあって、今また復活しました。再流行に伴い、多くの人が着て楽しむ機能的なファッションウェアとなっています。

私たちは エプロンは、ホテル業における役割を重視している。私たちが美しく、おしゃれで洗練されたエプロンを作るには、レストラン、カフェ、バー、居酒屋、ホテル、花屋、美容院など、さまざまなデザイン、色、生地があります。私たちはいろいろなエプロンのデザインを選ぶことができて、最高品質の生地から作られて、私たちはきっとあなたの規格に適切なエプロンを提供します。

営業時間
午前:8:00~午後5:00 土・日を除く
 

TELL:0411-39027936
EMAIL:sale@chingluan.com

HOME